ブータンと日本でていねいに手づくりする工房ブルーパイン


 Lessons ブータン刺繍教室














◆ 銀座教室
 東京大学仏教青年会
★ 仙台教室
▲ 河北TBCカルチャーセンター


色のついている日は、メールやご入金などの確認、および発送作業は休ませていただきます。








ブータンの刺繍

   
 

 ブータンは、ヒマラヤ山脈の東南部にあり、中国(チベット地域)とインドにはさまれている山国です。

 ヒンドゥ教徒もいますが、チベット仏教を信仰している人たちが多く、チベット仏教を国教とする唯一の国です。ブータンでは、仏教は生活のすみずみに生きています。

 お寺だけではなく、仏教徒の一般家庭の仏間にも、必ずタンカ(仏画)があります。一般的な仏画は絵具で描かれた絵ですが、印刷のものや、版画、時にはすべて刺繍で刺された「繍仏」を目にすることがあります。画家よりも刺繍職人の方が少ないので、とても高価なものです。制作に時間がかかるだけに、その一瞬一瞬にこめられた祈りは深いと信じられ、尊ばれています。
 ブータンの刺繍は趣味で刺されているものではなく、本来、僧侶や職人が刺しています。そのため、ブータンで刺繍をしているのは男性ばかりでしたが、現在は、ブータンでも女性の刺繍職人も増えています。

 このように、祈りの形として発達してきたブータン刺繍ですが、タンカ以外にも様々な装飾として好まれています。
 一般的に身につけるものに刺繍されれることは多くありませんが、2011年の国王陛下・妃殿下のご婚礼の際には、国王陛下のブーツや、妃殿下のパンプスやラチュ(肩にかける帯)の美しさが話題になりました。
 絹糸で刺されているため、発色がよく、光沢があり、ミシン刺繍にはないやわらかさがあり、それはそれは美しいものです。



刺繍は手軽に始められます

 

 ブータンの刺繍に必要なものは、とてもシンプルです。

 *針
 *糸
 *布
 *指ぬき(人差し指にかぶせます)
 *はさみ

たったこれだけです。枠も使いません。

 道具が少ないので、お教室にいらっしゃるときの持ち物が負担になりません。音が出ず、場所もとらず、好きな時に好きな場所で少しずつ進めていけます。

 当教室では、カリキュラムの流れに従って、課題をそれぞれ仕上げていただいております。講義形式ではなく、各自が教室でそれぞれの作品を刺していく実技形式のレッスンです。
 進むペースは、ひとりひとり違います。おうちでたくさん刺してくる方はどんどん進みますし、教室でだけ刺せばのんびり進みます。すべての方に守っていただきたいルールは、「お教室にいらっしゃることを楽しむ!」ということだけです。他の方と比べるのではなく、ご自分が楽しく続けられるペースで進めてください。

 はじめは針や布の持ち方に特徴があるので難しく感じるかもしれませんが、すこしコツをつかめば、どなたにも楽しんでいただけます。
 ブータン刺繍の魅力を、ぜひ味わってみてください。






 
▲ページトップにもどる